妊娠中の歯科検診は行ったほうがいいの?

妊娠中のお母さんへ伝えたい!自分と赤ちゃんのための歯科検診あれこれ

妊娠すると歯が悪くなる…これってどういうこと?

お母さんが妊娠中に歯の病気になったら、当然気になるのはお腹の赤ちゃんへの影響。歯の病気であっても、一度なってしまったら赤ちゃんへの影響は免れません。お腹にいるときも、生まれてからも、しっかりとリスクを理解し、お母さんと赤ちゃんの歯の健康を守りましょう!

もしも妊娠中に歯の病気になったら…

昔からよく「妊娠すると歯が悪くなる」とささやかれてきましたが、それは一体なぜなのでしょうか。妊娠すると歯の病気になるリスクが高くなるのは事実で、例えば虫歯も、妊娠中になりやすい歯の病気の1つです。妊娠による唾液中の成分の変化により、虫歯菌が繁殖しやすい環境になってしまうことが大きな原因です。さらに、つわり等により少しずつしか食事ができず、常に食べている状態が続くことも、虫歯菌にとってとても住みやすい場所を作ってしまうことになるのです。それでも辛いつわりが続く中で、歯磨きもできない…という妊婦さんも多数いらっしゃると思います。このような口内環境の悪化が、残念ながら虫歯のリスクに繋がってしまうのです。
しかし、これだけではありません。もう一つ、妊婦さんに知っておいて欲しい歯の病気が、歯肉炎です。歯茎が腫れたり、出血したりしてしまう歯肉炎も、妊娠中に多い歯のトラブルで、妊娠によるホルモンバランスの変化により歯茎の状態が悪くなってしまうことが原因です。この歯肉炎、産後にはホルモンバランスが整い改善されることも多いため、妊娠中に歯茎の異変を感じてもそのままにしてしまう方が多いのですが、決してそんなことはしないでください!先ほど紹介した通り、歯磨きがあまりできず悪化した口内環境でその歯肉炎を放っておくと、歯周病に発展してしまう危険性があります。歯周病になってしまうと、歯がぐらついたり、膿が出てきてしまったり。さらに、歯周病菌はお腹の赤ちゃんにも大きく影響することが分かっているのです!
このように、妊娠中は歯の病気になってしまうリスクが非常に高まり、それは胎児の成長にも影響を与えてしまうのです。

妊娠中に歯を治療するためには

万が一、妊娠中に歯の病気になってしまったら、どのように治療を受ければよいのでしょうか。 そもそも治療は受けることができるのか。治療方法やお薬も、妊娠中のお母さんにとってはとっても気になるポイントですよね。 そんな妊娠中のお母さんならではの疑問にお答えしていきます!

妊娠中の歯科検診

実際に妊娠中に歯科検診を受けるためには、どうすればよいのでしょうか。 ただでさえ病院に行くことが多い妊娠中。歯医者さんにまで行くとなると、体への負担も、お金の負担も、考えなければいけないですよね。そのような問題を徹底解決! 赤ちゃんと自分の歯の健康を守りましょう!

TOPへ戻る