妊娠中のお母さんへ伝えたい!自分と赤ちゃんのための歯科検診あれこれ

>

妊娠すると歯が悪くなる…これってどういうこと?

歯周病は怖い病気

お母さんの体の異変はお腹の赤ちゃんにとっても大問題。もちろん、歯の病気も例外ではありません。特に気を付けなければいけないのが、歯周病です。なんと、妊娠中にお母さんが歯周病になってしまうと、その歯周病菌がお腹の赤ちゃんにも影響してしまうことが分かっているのです。
歯肉炎などから発展してしまう歯周病。妊娠中に歯周病になってしまうと、痛みなどのお母さんの負担だけでなく、お腹の赤ちゃんの発育にも影響が出てしまい、早産や低体重児出産のリスクが高まることが報告されているのです。歯茎が腫れたり、出血したり、そんな歯肉炎から悪化してしまう歯周病。ただのお口トラブルで終わらせてはいけない、とても怖い病気なのです。

生まれた後のことも考えて!

妊婦さんの歯の病気の影響は、お腹の中の赤ちゃんだけではないのです!赤ちゃんが生まれた後は、赤ちゃんの歯の健康も守りたいですよね。そのためにも、妊娠中には妊婦さんは歯の健康管理をすることが大切なのです。
一番気を付けたいのは虫歯。生後間もない赤ん坊には虫歯菌が存在しません。ではなぜ私たちは虫歯になってしまうのでしょうか。それは人から人へ、唾液などを介して虫歯菌が移るからです。特に赤ちゃんの場合は、虫歯菌を持っている大人と一緒に食事をすることが多いですよね。同じ食器を使ったり、食事の際に息を吹きかけてご飯を冷ましたりすることで、大人の虫歯菌が移ってしまうのです。つまり、妊娠中のお母さんの歯を健康に保つことで、生まれてきた赤ちゃんの歯の健康も守ることができるのです。


TOPへ戻る