妊娠中のお母さんへ伝えたい!自分と赤ちゃんのための歯科検診あれこれ

>

妊娠中の歯科検診

歯科検診は簡単に受けられます!

妊娠中の歯の健康管理が赤ちゃんのためにもとても大切だということが分かったけれど、妊婦さんが歯科検診を受けるにはどうしたらよいのでしょか。タイミングや費用などが気になったり、普段歯医者に行くのとは違いますよね。
歯科検診を受けるのは、母体の体調も考え安定期に受診することがおすすめです。また、妊娠初期のつわり等によって妊婦さんの口内環境が変わることが多いので、その点でもつわりが比較的治まったあとの安定期が良いといえます。では、費用の面はどうなのでしょうか。実は、お住いの自治体によっては無料で受診することができるのです。受診方法は、公共の保健センターや協力歯科医院に検診の予約をし、母子健康手帳と受診票などの必要書類を持っていくだけなのです。また、受診方法や協力歯科医院などの情報は、自治体のホームページなどで簡単に知ることができます。

普段からのケアも忘れずに

妊娠中に歯科検診を必ず受診ことも大切ですが、やはり普段からの歯の健康管理も忘れてはいけません。
基本は普段の歯磨きです。妊娠中は歯の病気になりやすいということを踏まえ、丁寧に歯磨きをしましょう。それでもつわりなどの体調変化が大きい妊娠中、歯磨きができないことも多いと思います。そんな時はぶくぶくうがいをするだけでも、お口の環境をきれいに保つ効果があります。もちろん気分が良いときは、しっかりとブラッシングするのを習慣づけてください。また、食べるものやその食事の仕方にも気を遣うことが大切です。特に甘いものやすっぱいものは、お口の中を虫歯菌が住み着きやすい環境にしてしまいます。糖分や酸性の食べ物をできるだけ控えたり、時間を決めて食べる食べ方をするように気を付けましょう。


TOPへ戻る